遅筋タイプとは

人の筋肉には二つの種類があります。一つは、白筋と呼ばれている筋肉です。白筋は瞬間的に大きな力を生み出すことができます。

魚でいうと、カレイやタイなどの白身魚のような筋肉で、ボディービルダーのような、鍛えると大きくなる筋肉です。

陸上では、マラソンのような長い時間働く運動は苦手で、砲丸投げや短距離走などの短い競技が得意です。筋肉の中に蓄えられたグリコーゲンなどを燃やして動いていて、呼吸によって取り入れた酸素を使いません。

このため、無酸素運動とも言われています。燃料となる物質を燃やしたときに出る物質が蓄積されてしまいますので、長時間の運動には向いていません。

これとは逆に、持久性のある筋肉が赤筋です。この筋肉は遅筋とも呼ばれ、ウォーキングなどの長い時間働く運動が得意です。魚でいうと、マグロやカツオのような赤身魚にあたります。遅筋は、白筋のような大きな筋肉ではありません。

とても細い筋肉をしています。そのかわり、白筋のように、曲げたときに血管を押し潰して、血液の流れを悪くすることはありません。とても持久性に優れた筋肉です。人の体の深い場所に多く存在していて、長い時間姿勢を保つためにも役立っています。

この筋肉は呼吸で取り入れた酸素と体内の脂肪を燃料にしていますので、有酸素運動と呼ばれています。ウォーキングなどの有酸素運動がダイエットにとても効果があるのは、このためです。

コメントは受け付けていません。